キリスト教会も紅葉した山の背景にマッチしてます

京都は、3方を山に囲まれていて、南には、巨椋池という池があるのですが、現代では、この巨椋池、どこを探しても見つからないのです。なぜかというと、巨椋池は、住宅地になってしまっていたからです。それでも、巨椋池の名残は、田園という形で残っています。見てみると、とても広いエリアで、京都の町の南の守護だったことがよくわかるのです。
山も、10月ぐらいから、ちらほらと色づいてきます。すると、街角でも、その山の景色が美しくて、キリスト教会などにもとても背景にはもってこいの美しさとなります。わざわざ、嵐山にまで行かなくても、近くで、近代的な建物とマッチする景色が堪能できます。
以前、というか、今でも、昭和のころには、東京でも赤煉瓦の建物などで、ファッションモデルの方が撮影をしていたりすることもありました。京都はおsれも多いです。時には、中国からのK南港の方が、ご結婚の記念に、ウエディングドレスで撮影をしていたりもします。きなり 薬局